変的論

主に宗教・佛教・浄土門についてのささやかな見解

彼国と其国

大無量寿経に曰く、

佛告阿難 十方世界 諸天人民 其有至心 願生彼國 凡有三輩 其上輩者 捨家棄欲 而作沙門 發菩提心 一向專念 無量壽佛 修諸功德 願生彼國 此等衆生 臨壽終時 無量壽佛 與諸大衆 現其人前 即隨彼佛 往生其國 便於七寶華中 自然化生 住不退轉 智慧勇猛 神通自在 是故阿難 其有衆生 欲於今世 見無量壽佛 應發無上菩提之心 修行功德 願生彼國

 

佛語阿難 其中輩者 十方世界 諸天人民 其有至心 願生彼國 雖不能行作沙門 大修功德 當發無上菩提之心 一向專念 無量壽佛 多少修善 奉持齋戒 起立塔像 飯食沙門 懸繒然燈 散華燒香 以此回向 願生彼國 其人臨終 無量壽佛 化現其身 光明相好 具如眞佛 與諸大衆 現其人前 即隨化佛 往生其國 住不退轉 功德智慧 次如上輩者也

 

佛告阿難 其下輩者 十方世界 諸天人民 其有至心 欲生彼國 假使不能 作諸功德 當發無上菩提之心 一向專意 乃至十念 念無量壽佛 願生其國 若聞深法 歡喜信樂 不生疑惑 乃至一念 念於彼佛 以至誠心 願生其國 此人臨終 夢見彼佛 亦得往生 功德智慧 次如中輩者也

 

この三輩の文が臨終来迎を誓われた第十九願の成就文であることは明らかであろうけれども、下輩の文は、乃至十念、歓喜信楽とあるので、第十八願の成就文を兼ねていると思われる。そしてこの三者の違いの要点をまとめると以下の如しである。

 

上輩者〜(其有至心 願生彼國)〜發菩提心 一向專念 無量壽佛〜願生彼國 此等衆生 臨壽終時〜往生其國〜住不退轉

 

中輩者〜其有至心 願生彼國〜當發無上菩提之心 一向專念 無量壽佛〜願生彼國 其人臨終〜往生其國 住不退轉

 

下輩者〜其有至心 欲生彼國〜當發無上菩提之心 一向專意 乃至十念 念無量壽佛 願生其國 若聞深法 歡喜信樂 不生疑惑 乃至一念 念於彼佛 以至誠心 願生其國 此人臨終〜亦得往生

 

 まず、其有至心 願生彼國が上輩の文の中にないのは繁を避けて省略されているものであろう。そして下輩の文だけが欲生なのはそれだけ下輩のレベルが低いことを表していると思われる。

 

次に、發菩提心は上輩だけであるのはこれが出家に関わるものだからであろうと思われる。中輩と下輩とが同じ當發無上菩提之心なのは、この心に含みと幅とを持たせてあるのだと思われる。あるいはまた、この心が衆生の心ではなく佛の心であることを表しているのかもしれない。そして當發とあるのは、この心が念佛以後に起こるものであることを表していると思われる。

 

次に、一向專念 無量壽佛であるが、これは下輩に至って乃至十念を加えて詳しく表現してある。恐らく、第十八願の乃至十念の成就文であろうと思われる。つまり、下輩こそが第十八願の正機であろうと思われる。若聞深法とは諸有衆生聞其名号のことであり、乃至一念とは安心決定往生決定の一念であると思う。

 

そして、上輩と中輩とが臨終前には願生彼國、臨終時に往生其國であるのに対し、下輩の者は臨終前にすでに願生其國である。この其國と彼國、其の国と彼の国との違いは、近遠親疎の違いがあると思う。つまり、下輩の者は臨終を待たずして往生を決定している。故に浄土は近くして親しいのである。下輩の者だけが亦得往生なのは、すでに往生を即得して決定しているからであり、すでに住不退転であるから、臨終には亦得として住不退転とは表記されていないのである。

 

一応は聖道門の価値観に従って上中下とあるが、浄土門からすれば下輩こそ正機であり、乃至十念の念佛こそ正行であり、若聞深法乃至一念こそ正信であり決定であり、即得往生住不退転である。

 

元祖上人曰く

十悪の法然房、愚痴の法然房が、念仏して往生せんと言うなり

 

そしてまた、この三輩の文を現代に置き換えて考えてみると、この下輩の者とは教団に居場所なき人々のことではなかろうか。この場合、教団とは宗教団体という意味である。

 

上輩とは教団の幹部のことである。中輩とは教団に奉仕する人々のことである。そして下輩とは教団にも居場所の無い人々である。教団に居場所は無いのであるが、浄土にはある。よって下輩の人々にとって浄土は、平生に於いてすでに彼の国ではなく、其の国と表現されている。

 

観無量寿経に曰く、

阿弥陀仏、ここを去ること遠からず。

 

 

南無阿弥陀

其有衆生と諸有衆生

大無量寿経に曰く、

佛告阿難 其有衆生 生彼國者 皆悉住於正定之聚 所以者何 彼佛國中 無諸邪聚 及不定聚 十方恆沙 諸佛如來 皆共讚歎 無量壽佛 威神功德 不可思議 諸有衆生 聞其名號 信心歡喜 乃至一念 至心回向 願生彼國 即得往生 住不退轉 唯除五逆 誹謗正法

 

色々と検索して調べてみると、正定之聚とは正定聚で不退転と同じと解釈されているらしい。しかし正定聚の本来の意味は集まりを指すとある。そして諸有衆生の諸有には「あらゆる」と訓が施してある。つまり、諸有衆生がすべてを表すのに対し、其有衆生は部分または限定された衆生を表していると思われる。そこで、

 

其有衆生 生彼国者〜住正定聚

諸有衆生 聞其名号〜住不退転

 

というふうに、単純に考えてみると、住正定聚は淨土におけることであって、住不退転は娑婆でのことであると思う。両方が淨土もしくは娑婆でのことだとすると、其有衆生と諸有衆生との違いがなくなると思うのである。経文は区別してあるのであるから、当面の意味としては区別された意味があるはずである。

 

そして諸有衆生が娑婆のことならば、即得往生は往生するということではなく、往生を決定するということだと思われる。即得ということであって、即往生ではない。

 

また諸有衆生とは、単に全てという意味だけではなく、諸々の個個の衆生という意味だと思われる。また淨土においては諸々の邪聚や不定聚が無いとならば、娑婆においてはあるということである。

 

つまり、念佛者は淨土においては成佛が定まった確かな人々と共にあり、娑婆においては間違った人々やあやふやな人々の中で一人往生を決定して不退転に住する。ということであろうと思われる。

 

生彼国者は其有衆生の条件であろうけれども、聞其名号は諸有衆生の条件ではない。あらゆる衆生であるからである。そうすると信心歓喜も乃至一念もまた条件ではない。条件ではないから、それは衆生が起こさなければならない心ではない。それは念佛の行者に現れるものだと思われる。

 

乃至一念は信心の一念で決定の一念だと思うが、聞其名号とあるからにはそれは称名の一念でもあると思う。名号を聞いて現れる一念は称名にならざるを得ないはずで、つまり念佛である。

 

その念佛の一念に至心回向願生彼国は含まれると思う。そもそも回向とか、菩薩様はともかく、凡夫にできることなのだろうか。できたとしても、ここに至心とあるから、これは衆生の心ではないのではないかと思われる。ちなみに真宗の解釈ではこの回向は如来様が起点となるが衆生を起点として考えても問題はないと思う。選擇集には善導大師の六字釈を引いて不回向とありそれからしても、この一念に至心回向は含まれると思われる。

 

つまるところ、信心歓喜も至心回向も乃至一念に集約すると思うのである。諸有衆生が乃至一念する、そこが即得往生するところで住不退転のところである。往生を即得して不退転に住する。つまり、往生一定ということである。これは、命終時の往生を平生に決定してその往生を遂げるまで不退であるという意味である、と思う。

 

これは要するに、念佛するもの往生す、ということである。

元祖様曰く、

念佛申すものは必ず往生すと知るばかりなり

ただ平に佛語を信じて念佛すれば往生するなり

ただ念佛申すもの往生はするとぞ、源空は知りたる

 

これは阿弥陀佛の威神功徳不可思議なることである。

 

 

 

南無阿弥陀

安心の系譜

選択本願念仏集 ~ 【第一】に曰く

而るに今言う所の浄土宗に、師資相承血脈の譜有りや。答えて曰く、聖道家の血脈のごとく、浄土宗にもまた血脈有り。ただし浄土一宗において、諸家また同じからず。いわゆる廬山の慧遠法師と、慈愍三蔵と、道綽・善導等とこれなり。今且く道綽・善導の一家に依って、師資相承の血脈を論ぜば、これにまた両説有り。

一には菩提流支三蔵・慧寵法師・道場法師・曇鸞法師・大海禅師・法上法師なり。 已上『安楽集』に出づ

二には菩提流支三蔵・曇鸞法師・道綽禅師・善道禅師・懐感法師・小康法師なり。 已上『唐宋両伝』に出づ

 

これを見ると、元祖上人は師資相承の血脈をこれと定められているわけではない。血脈があるとされているだけである。それは禅宗のような面授口訣では無く、言わば思想の系譜である。また真宗七高僧のように龍樹菩薩と世親菩薩が入っていないのは、佛教において宗というものが天竺においてはまだ成立していなかったからであろう。恵心僧都が入っていないのは彼が天台宗の僧だからだろうか。

 

選択本願念仏集 ~ 【第十六】に曰く

偏に善導一師に依るなり。

大唐相い伝えて云く、「善導はこれ弥陀の化身なり」と。

善導の『観経の疏』は、これ西方の指南、行者の目足なり。

ここにおいて貧道、昔この典を披閲してほぼ素意を識り、立ちどころに余行を舎てて、ここに念仏に帰す。

 

おそらく、思想の系譜は既にあるが、安心はまたそれとは別、ということだろう。観経疏の前には佛説の浄土経典がある。この佛説-善導-元祖の流れは安心の系譜と呼んで良いと思う。

 

歎異抄 第二条 に曰く

弥陀の本願まことにおはしまさば、釈尊の説教虚言なるべからず。仏説まことにおはしまさば、善導の御釈虚言したまふべからず。善導の御釈まことならば、法然の仰せそらごとならんや。法然の仰せまことならば、親鸞が申すむね、またもつてむなしかるべからず候ふか。

 

これもまた安心の系譜であり、選擇集と符合すると思うのである。

 

 

南無阿弥陀

如來常住

思うに、佛教には大きく分けて二つある。在世佛教と滅後佛教とである。そして大乗とは、滅後佛教の在世佛教への回帰運動であろうと思うのである。つまり、歴史的人格としての如來の不在と和合衆たるべき教団の分裂という問題の解消である。

 

これは全くの想像なのだが、この問題の解消の原動力となったのが、如來常住と言われる思想であったろうと思うのである。如來が常住ならば、歴史的人格の不在は補える。そして如來が常住ならば、その僧衆もまた常住である。すなはちそれは、淨土である。分裂なき和合衆が、淨土にあるわけである。

 

つまり、淨土思想というのは大乗佛教の根幹をなす、と、淨土門の末流のその泡沫を自認する小生は思うのである。

 

 

南無阿弥陀

佛教における最初の念佛

史上最初の二帰依について。

在家 - Wikipedia

タプッサとバッリカという二人の商人が麦菓子と蜜団子を寄進して帰依し、最初の在家信徒になった。

[mixi]律蔵 「ゴータマ伝1」 悟後の坐禅・梵天勧 - 原始仏典 | mixiコミュニティ

「ここにわたしたちは、先生と教えとに帰依します。先生、わたしたちを優婆塞(うばそく、ウパーサカ、仕える者の意)として受け入れてください。今日よりはじめて命尽きるまで帰依します」と。
 彼らは世間においてはじめて二帰依を唱えた優婆塞であった。  

仏教の実質的始まりはいつか

>パーリー原典・・「ブッダとダンマに帰依します。」

51 ブッダの理念をバラモンが理論化した : ゴータマ・ブッダの人と思想

ここにわれらは尊師と法とに帰依したてまつる。

三帰依文はどの経典からきている句なのですか?? - 帰依文自体... - Yahoo!知恵袋

この無言のままの説法、無言説による教化は、太古より今日に至るまでインドの宗教的実践のもっとも一般的な方法であるそうです。

【3】善来具足戒法の制定と帰依の対象としての サンガ(僧宝)の形成

「法宝」 は 「仏宝」 と 同時に世尊の成道によって成立したと考える と 、 「法宝」の「法」は世尊の「説かれた教え」ではなく、 仏と法は相即しているのであっ て 、 仏の根底にある仏によって悟られた法、 仏を仏ならしめているところの法を意味してい るということになる。

 

「法」は、 「仏のよく説かれた法」としているから、初転法輪などにおいて 説 かれた四諦の法などを指すかとも考えられるが、 「現によく見られ、 時を超越し、来て見 られ 、 導き、 それぞれに知者が了解するもの」とされるから、説かれた教えに内在する真理 のようなものをいうのであろう。

 

「法宝」はゴータマ・ ブッダの悟った理法としての法で、四諦八正道などの実際に説かれた教えに内在する真理として法であり、

 

つまり、タプッサとバッリカという二人の商人は、未だ説かれていない法を認識したということではないのか、ということである。つまり、佛は法であり、法は佛である。

 

帰依 - Wikipedia

南無帰依仏
南無帰依法 

 

Buddhaṃ saraṇaṃ gacchāmi(ブッダン・サラナン・ガッチャーミ)
(私はブッダ(仏)に帰依いたします)
Dhammaṃ saraṇaṃ gacchāmi(ダンマン・サラナン・ガッチャーミ)
(私はダンマ(法)に帰依いたします)

 

要するに、これは念佛であり、初転法輪を佛教の初めだとするならば、佛教以前ということになる。

 

そしてまた考えてみると、これはまだ歴史的事実であり、宗教的事実としては、そしてまた二種深信が縁起の法縁滅の法と対応しているという小見によれば、釈尊の正覚こそが最初の念佛ではないかと思うのである。

 

henntekironn.hatenablog.com 

henntekironn.hatenablog.com

 

 

南無阿弥陀

四苦八苦

四苦とは、生老病死であり、さらに、愛別離苦、怨憎会苦、求不得苦、五蘊盛苦を加えて八苦とする、とある。

 

四苦八苦 - Wikipedia

苦 - WikiArc

仏教講義、1.釈尊の根本的教え (2)四聖諦(続き)(No2)

 

大まかには読んで字の如しであるが、生苦と五蘊盛苦がよくわからない。特に生苦には二つの解釈があるようだが、思うに、生苦とは生まれる苦しみであって、生きる苦しみではないだろうと思われる。生きる苦しみならば、五蘊盛苦と意味が被るように思うのである。五蘊盛苦とは、我々が生きているその状態がすでに苦しみであると、そういう意味だと思うからである。

 

そして、愛別離苦と怨憎会苦であるが、この二つは人間関係に限ったことではないと思う。つまり、好ましい状況では無くなる苦しみ、好ましくない状況に陥る苦しみ、という意味だと思うのである。

 

ということは、生苦とは、母親の胎内というおそらく好ましい状況であろう状態から別れ、娑婆という好ましくない外界へと出ていかなければならない苦しみであると言える。

 

次に老苦とは、若さという好ましい状況から、老醜という厭わしい状況へと移りゆく苦しみということである。

 

次に病苦とは、健康という好ましい状況から、病気という厭わしい状況へとなってしまう苦しみである。

 

そして死苦とは、生きているという好ましい状況から、死んでしまうという忌避すべき状況へと変じてしまうことの苦しみであると言える。

 

生老病死には、愛別離苦と怨憎会苦とが備わっていて、それで四苦というのであるかも知れない。

 

また考えてみるに、好ましい状況から離れることも、厭わしい状況に陥ることも、それらが苦しみなのは、思い通りにならない、どうしようもない、どうにもできない、求めても得ざることだからである。愛別離苦と怨憎会苦とはつまり求不得苦ということになる。ということはつまり、生老病死もまた、求不得苦ということなのである。

 

我々の生存様態である生老病死が苦しみならば、我々の生存自体もまた苦しみということになるだろう。つまり、五蘊盛苦ということなのである。

 

それは生きるという苦しみ、生きているという苦しみ。

 

元祖様曰く、「往生極楽をまめやかにおもひ入れたる人のけしきは、世間を一くねりうらみたる色にて常にはあるなり。」と云々。

onibi.cocolog-nifty.com

 

浄土門に帰するほどの人ならば、この苦聖諦は領解済みであろうと思われる。

 

浄土門の念佛者にとって世界と自己とは、五濁悪世であり厭離穢土であり、煩悩具足の凡夫であり、帰去来 魔郷には停まるべからず、であるからである。

 

 

南無阿弥陀

二つの個

親鸞とパウロ』という本がある。買ったその頃はわかったような気になって二読三読したものだが、久しぶりに改めて読んでみるとよくわからない。検索して関連した記事を読んだのだが更にわからない。

 

超個の個、不可分不可同不可逆、第一義の接触第二義の接触、などということが載っている。どうも禅定による本来の自己に目覚める体験がないとわからないもののようであるが、わからないなりにここに感想というか愚見を述べてみる。

 

或いは佛と衆生、或いは神と人、これらを超個と個として、或いは本来の自己、或いは内なるキリスト、に目覚めた「超個の個」、ということらいしいのだが、この「個」というものには実は二つあるのではないかと思うのだ。それは世俗的個と宗教的個と仮に名付けるものである。

 

世俗的個というのは、無明-生死の個であり、常没常流転の個である。宗教的個というのは、無明の滅-生死の滅の個であり、定得往生の個である。また、世俗的個というのは浄土門に帰せずして念佛申さぬ個であり、宗教的個というのは浄土門に帰して念佛申す個である。

 

第一義の接触とは弥陀の本願のことであろうし、第二義の接触とは一念決定して念佛申すことであろうから、この二つの間が不可分不可同不可逆というのは頷けることである。しかし、超個と個との関係では、「超個の個」ならば、その関係が不可分不可同ではあっても不可逆とはならないのではなかろうか。もしこれが不可逆なら、往生も成佛も不可ではなかろうか。

 

そこで思うに、「個」とは世俗的個のことであり、「超個の個」とは宗教的個のことである。不可分とは超個と宗教的個のことであり、不可同不可逆とは超個と世俗的個のことである。この世俗的個がそのままで宗教的個であるというのが、浄土門の安心決定である。

 

超個と世俗的個とは不可同不可逆であり、更にいうなら断絶している。世俗的個にとっては神も佛も無い。信仰も信心も無い。あるのは夢物語であり、つまるところ妄想である。喜びも無く、光も無く、安らぎも無い。経典に言う所の五濁悪世である。

 

宗教的個というのは「超個の個」であり不可分であり、光明遍照であり、摂取不捨であり、如来常住であり、悉有佛性であり、歓喜信受であり、往生一定であり、一文不知である。随順佛願であり、随順佛語であり、随順祖語である。

 

そしてこのような二つの個が一つの人格にある。という訳の分からない状態が念佛の安心である。

 

とまあ訳の分からないことを書いてみたが、大事なことは、阿弥陀様に助けられることである。

 

 

南無阿弥陀