読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

変的論

主に宗教・佛教・浄土門についてのささやかな見解

念の心を悟る

一枚起請文 - WikiArc

学文をして念の心を悟りて申す念仏にもあらず。

いとー日記:元祖大師御法語前編3「聖浄二門」その2 - livedoor Blog(ブログ)

彌陀如来の、本願の名号は、木こり、草刈り、菜摘み、水くむ、たぐいごときのものの、内外ともに、かけて、一文不通なるが、称うれば、必ず生まると信じて、真実に願い、常に念仏申すを、最上の機とす。

法然聖人絵(弘願本)

源空が念佛も、あの阿波介にまったく同じことなり。もしさりとも、少しはかはりたるらんと思はん人は、つやつや念佛を知らざる人なり。金は錦につつめるも、藁苞につつめるも、同じ金なるが如し。

  

この「念の心を悟りて」だが、これは単に、知識だけを言われているのではなく、所謂宗教体験を含めて言われているものだと思う。つまり、浄土門の思想を正しく学んだ上での念佛でもなく、いくばくかの宗教体験の上での念佛でもない。ましてや、小生如きの知識や経験など、全く必要ないのである。