読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

変的論

主に宗教・佛教・浄土門についてのささやかな見解

宗>教

おおよそ、宗教には二つあると思われる。一つには、教が宗である、教えそのものが宗である場合。二つには、教が宗を教え示すためのものである場合。

 

記号を以って表すならば、

 宗=教

 宗>教

である。

 

他教他宗は知らず、浄土門は、後者である。では、浄土門において、宗とは何か。聖教においてはいろいろと言われている。あるいは曰く、厭離穢土欣求浄土。あるいは、選擇本願。あるいは、一心専念弥陀名号。

 

愚見によれば、浄土門に於ける宗とは、生死を出離することであり、即ち、浄土に往生することであり、その往生を決定することであり、その決定往生の安心を得ることである。その安心は、称名に依り、名号に依る。つまるところ、弥陀の本願に依る。これを大願業力という。経には、威神功徳不可思議とある。

 

さて、佛教が宗>教であることは、他宗にも見られ、真宗の語録などにも顕著であるが、ここはあえて元祖大師の御法語から引用してみる。

 

往生のためには念佛第一なり。学問すべからず、ただし念佛往生を信ぜんほどはこれを学すべし。

 

ひじりで申されずば、めをまうけて申すべし。妻をまうけて申されずば、聖にて申すべし。住所にて申されずば、流行して申すべし。流行して申されずば、家にゐて申すべし。自力の衣食にて申されずば、他人にたすけられて申すべし。他人にたすけられて申されずば、自力の衣食にて申すべし。一人して申されずば、同朋とともに申すべし。共行して申されずば、一人籠居して申すべし。